勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > 調査データ > パターンで見る選挙:(有権者の行動パターンを観察してみよう<投票率2(性別.年齢別)>)

パターンで見る選挙:(有権者の行動パターンを観察してみよう<投票率2(性別.年齢別)>)

前回(パターンで見る選挙:(有権者の行動パターンを観察してみよう<投票率(地域別)>))は国政選挙の都道府県別、
市区町村別、
投票所別の投票率の傾向について見てきました。
そこからわかることは、
投票率が高い地域、低い地域というのは、
おおよそ同じ地域であるということです。
 
今回は投票率を
 
1:年齡
2:性別の観点
 
上記2点から見るとどのような特徴が浮かびあがるかについて見ていきます。
立候補予定者であれば年齢別有権者層へどのようなアプローチをとるのか、
投票率向上を呼びかける団体であるならば、
どの層に呼びかけを行うと投票率向上に結びつくのかといった、
現実的な対策を考える上で、
年齢別、性別による投票率の傾向を知ることは役立ちます。
 
【統一地方選挙 男女別投票率を見てみよう】
それでは統一地方選挙投票率の性別による投票率から見ていきます。
昭和22年から平成27年統一地方選挙(県議選)の男女別投票率をグラフ化したものが下記になります。
 
2-1

 
統一地方選挙(県議選)のデータになりますが、
昭和38年以降の選挙において、男性の投票率より女性の投票率のほうが高い傾向にあることがわかります。
 
次に、選挙の立候補者が多い統一地方選挙(市区町村議員選挙)の男女別投票率についても見てみましょう。
 
2-2

 
こちらのグラフでも全体的な傾向として女性の投票率が高い傾向にあることがわかります。
 
【参院選 男女別投票率を見てみよう】
 
続いて、この夏予定されている参院選の男女別投票率についても見ていきます。
 
3-3

 
第12回から第19回にかけては女性の方が投票率が高い傾向にありましたが、
それ以降は男性の方の投票率が高いことがわかります。
 
ここまでをまとめると、
統一地方選挙では女性の投票率が男性よりも高いことが多く、
第20回参院選挙以降では男性の投票率が女性よりも高い傾向にあることがわかります。
 
【年齢別投票率について見てみよう】
次に、年齢別投票率投票率について見ていきます。
このグラフは全体の投票率からみて、
年代別の投票率がどの程度高いか、
低いかを表現したものです。
ave 0が全体でみた平均投票率です。
第24回参院選、第47回衆院選のデータともに抽出投票区数188です。
 
3-4

 
これらのグラフを見ると40代後半から全体投票率より高くなることがわかります。
18歳の投票率が若干高い傾向にありますが、
それ以降19歳から30代までは全体の投票率から比較すると低い傾向にあります。
 
このように性別、年層別で投票率を見ていくと、
具体的にどのような性別、
年齢層で投票率が高い傾向にあるのか、
低い傾向にあるのかをつかむことができます。
また、近年の参議院選挙では男性の投票率が女性よりも高く、
統一地方選挙では女性の投票率が男性の投票率よりも高い傾向にあることがわかります。
 
立候補予定者や投票率向上を呼びかける団体等は、
より詳細な分析等を行っていると思いますが、
今回は投票率を性別、
年齢別に見てみるとどのような特徴があるのかという点について見てきました。
 
選挙の当落を大きく左右する投票率について、
前回記事の地域別投票率の傾向とあわせて見ることで、
より多面的に地域の有権者の投票行動を考えることができます。
 
選挙を予定されているかたの、地域、年齢別、性別による投票率は、
どのような傾向になっているでしょうか?
検証してみてください。
また、より詳細なデータについてはこちらからご覧ください。
https://datastats-election.info/
 
前回、今回と「選挙における投票率が低下傾向にあるという」誰もが見聞きする投票率に関する内容を、
もう一歩踏み込んで地域別、性別、年齢別に見ていきました。
 
次回以降も有権者の選挙における有権者の行動パターンについて見ていきたいと思います。
 
 

この記事の著者

渡部 秀成
LLCつくばリスクマネジメント 代表社員
渡部秀成

1999年から公的機関、民間企業の大量テキストデータベース整備、検索システム構築、パテントマップ(特許情報)作成等、各国政治家発言、企業経営者発言、株式情報、有価証券報告書等のテキストマイニングに携わる。2011年東日本大震災時にTwitter上に書き込まれた200万件のツイート分析から風評被害対策の仕組みを体系化。
国内外の実験、論文等で明らかになっている、人の心理的・行動特性をベースにした多面的なソーシャルメディア分析を行い、現場で活用できるマニュアルに落としこむ作業まで行なっている。

この記事を書いた人

渡部 秀成

渡部 秀成
LLCつくばリスクマネジメント代表社員

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter