勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > ネット戦のノウハウ > 政治家のfacebook広告テクニック 中級編~効果を高めるために実施すること~

政治家のfacebook広告テクニック 中級編~効果を高めるために実施すること~

16120201

 

トランプ氏が当選したアメリカ大統領選挙でも多額の選挙広告費が使われたfacebook。もちろん日本版facebookでも広告配信ができるようになっており、既に多くの日本の政治家がfacebook広告を使って情報配信を行っています。.

 

 

参考記事:当選者はfacebookページで、3,754人のファン数(いいね!数)が平均|第24回参議院選挙のネット選挙動向レポート(3)

 

アメリカではfacebookの政治広告収入は最大手検索エンジンGoogleを超える可能性があるという予測も出ています。「ネット選挙後進国」の日本でも、今後はfacebook広告を使うことがスタンダードになるのではないでしょうか?

 

勝つ!政治家.comコラム『政治家のfacebook広告テクニック 初級編~利用する際に気を付けておきたいこと~』では、「facebookが政治広告に適している理由」「facebook広告を利用する注意点」をお伝えしました

 

本編では、facebook広告を実際に活用する際に効果を高めるために実践するべきことをお伝えします。

facebook広告の活用には「マイクロ・ターゲティング」が不可欠

facebook広告の特長のひとつに「マイクロ・ターゲティング」が可能であることが挙げられます。

 

「マイクロ・ターゲティング」とは、性別・年代や居住地域といったベーシックな属性はもちろん、商品購買の傾向等細かな(マイクロ)facebookユーザーの属性に合わせて(ターゲティング)別の内容の広告を出稿することができるシステムのことです。

 

例えば、先述のアメリカ大統領選挙でトランプ陣営は銃の所有歴等も含めてマイクロ・ターゲティングを行ったそうです。クリントン陣営も同様に、マイクロ・ターゲティングを用いたfacebook広告を出稿し、選挙戦を戦い抜きました。

 

facebook広告では、マイクロ・ターゲティングしたユーザーごとに広告の内容を設定することが可能です。

 

そのユーザー層に合わせたコピーやアイキャッチ画像を設定し、遷移先のLP(ランディング・ページ)も変更することで、よりfacebookユーザーの心に刺さる内容の広告を打つことができます。

 

facebook広告を最大限に活用する上では必要不可欠な機能であると言えるでしょう。

 

例:東京都文京区在住の30代既婚女性に向けては子ども政策の充実を掲げる政策を、同区在住の50代独身男性に向けては介護に関する政策を大きく打ち出す。

 

参考記事:米大統領選、選挙広告の勝者はフェイスブック(ハフィントンポスト)

A/Bテストやインサイト分析を行うことがfacebook広告活用の最大のコツ

マイクロ・ターゲティング機能自体は無料で使えるものですが、その機能を最大限活用するためには、ターゲティングしたユーザー層に最も効果のある内容の広告を出稿しなければなりません。

 

具体的には、

・アイキャッチ画像(自身のテーマカラーにするか?政党のカラーにするか?等)

・コピー(強めの言い方にするのか?柔らかい言い方にするのか?等)

・遷移先URL(ホームページの政策ページに飛ばすか?自身のfacebookページに飛ばすか?等)

といったものが挙げられます。

 

広告の効果が出ているかどうか、活用できているかどうかは、実際に広告を打ち、マイクロ・ターゲティングしたユーザーにfacebook広告を閲覧・クリックしてもらうまで分かりません。

 

その効果測定に役立つのが、A/Bテストとインサイト分析です。

 

A/Bテスト:同じターゲットに2種類の広告を見せ、クリック率やCV数等を測定する。効果測定終了後はクリック率やCV数の高い方のみを採用する。

 

インサイト分析:facebook公式の機能である広告の効果測定結果を解析し、出稿内容を改善していく。

勝つ!政治家.comは政治家のfacebook広告活用の相談も受け付けています

アメリカ大統領選挙で活躍したfacebook広告は、今後日本の政治広告においても欠かせない存在になっていくでしょう。

 

ただ広告出稿をするだけではなく、facebook広告の特長のひとつであるマイクロ・ターゲティング機能を活用していくためには、A/Bテストやインサイト解析等を行い、PDCAサイクルを回していくことが必要です。

 

勝つ!政治家.comではネット選挙のプロであるコンサルタントがfacebook広告の相談を承っております。

facebookへの広告出稿をご検討中の政治家・関係者の皆様はぜひお気軽にお問い合わせください。

 

>>お問い合わせはこちらから

この記事の著者

勝つ!政治家.com編集部
勝つ!政治家.com 編集部

政治家を対象に、インターネット選挙活動による有権者へのアプローチと、政治活動によるWebマーケティングを支援しております。
2013年の参議院選挙より解禁となった、インターネットによる選挙運動(ネット選挙)。ホームページやメール、SNS(ソーシャルネットワーク)や動画などインターネットを利用して有権者へアピールすることが可能となりました。
勝つ!政治家.comでは、候補者のネット選挙を支援すべく、公職選挙法を遵守した中で最大限のマーケティングを提供しております。

この記事を書いた人

勝つ!政治家.com編集部

勝つ!政治家.com 編集部

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter