勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > ネット選挙Q&A > インターネットに詳しい有権者とそうではない有権者との間の格差(デジタル・ディバイド)により、選挙の公平性を害することにはならないか?

Q)インターネットに詳しい有権者とそうではない有権者との間の格差(デジタル・ディバイド)により、選挙の公平性を害することにはならないか?

A)ならない

改正後の公職選挙法は、現行法に基づく選挙運動について変更を行うものではなく、現在の選挙運動に追加してインターネット選挙運動を行うことを新たに認めたもの。従来どおり、インターネットに詳しくない有権者は選挙公報、政見放送、ビラ・マニフェスト等の選挙運動用文書図画、候補者・政党等による演説、報道等を通じて選挙に関する情報を入手することができるため、インターネット選挙運動の導入が選挙の公平性を害することにはならないと考えられている。

よくあるご質問 最新5件

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter