勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > SNSはオランダのポピュリズム(大衆迎合主義)に力を与えたのか?|フィナンシャルタイムズの記事を読み解く

SNSはオランダのポピュリズム(大衆迎合主義)に力を与えたのか?|フィナンシャルタイムズの記事を読み解く

3月15日、オランダで下院選挙が行われました。 ウィルダース氏率いるオランダ極右政党の自由党(PVV)の躍進が事前に報じられていたことから、ポピュリズム(大衆迎合主義)の動向を伺う選挙として世界が注目し、オランダ国内の投票率も前回12年の74.6%から81.9%に上がり、1986年の選挙以来最高の投票率となりました。

 

ルッテ首相率いる自由民主党(VVD)が与党を維持する結果となりましたが、ウィルダース氏率いる自由党(PVV)は第一党には届かなかったものの前回の選挙から5議席を増やしており今後も一定のパワーは見込まれます。

 

今回は、そんな自由党(PVV)率いるウィルダース氏のSNSに関する調査記事で、オランダ選挙の前日3月14日に発表されているFincancial Timesの「Is social media empowering Dutch populism?(SNSはオランダのポピュリズムに力を与えているのか?)」を紐解いていきます。

 

※表はFincancial Timesより引用

 

 

オランダ国内の政党&党首のSNSフォロワー数を分析してみると

 

Financial Times(以下FT)のデータチームが、オランダ内の政党とその党首のフォロワーを分析。

 

 

Screen Shot 2017-03-15 at 14.24.39

(表1)政党のフォロワー数と党首個人のフォロワー数の比較(TwitterとFacebook)※画像はFincancial Timesより引用

 

このグラフから、ウィルダース氏の個人SNSは他のどの政党のリーダーの中でも最も多いフォロワーを誇る一方で、ウィルダース氏率いる自由党(PVV)のフォロワー数は他の政党のフォロワー数の中でも下位に属していることがわかった。

 

フォロワー数はSNSでの影響力を示す上で一般的な指標となるが、ウィルダース氏個人のSNSフォロワー数はウィルダース氏率いる自由党(PVV)のフォロワー数と比較してTwitterで330倍、Facebookで133倍の比率となっている。 つまりウィルダース氏のフォロワーは他の党首とは対照的に、ウィルダース氏率いる自由党(PVV)ではなくウィルダース氏個人をフォローしている人が圧倒的に多いことが判明したのだ。

 

同様に、首相再選となったルッテ氏個人のフォロワー数とルッテ氏率いる自由民主党(VVD)のフォロワーを比較してみると、Twitterで1:1.5、Facebookで1:3.4の比率となっており党をフォローしている人の方が多かった。

 

極右政党党首のフォロワーが増える瞬間は?

 

オランダ国内の各党首のTwitterのフォロー増減率を調べてみると、ウィルダース氏は比較的ゆっくりとフォロワー数を増やしていることが明らかになったが、これはウィルダース氏が全ての党首の中で最多フォロワーがいることが要因と考えられる。

 

興味深いのは、ウィルダース氏のフォロワー数に急激な上昇が起きているポイントが特定の事件やニュースが発生した時期と一致していることだ。

 

特に、ウィルダース氏が選挙運動で外国人への差別を扇動した罪に問われていた裁判で有罪判決を受けた昨年12月9日と、ベルリンでトラックが群衆を襲ったテロ事件が発生した12月19日にウィルダース氏のフォロワー数上昇が顕著である。これらのニュースがウィルダース氏をTwitterでフォローするための動機として敏感な要素だったことを示している。

 

Screen Shot 2017-03-15 at 14.07.23

(表2)各党首 Twitterフォロワー数増加率/週 ※画像はFincancial Timesより引用


ウィルダース氏のフォロワーがTwitterで頻繁に言及した“ロシア”の報道機関

 

間も無く4月に行われるフランス大統領選候補のマクロン氏が「RT(旧ロシア・トゥデイ、実質ロシア国営メディア。以下RT)や通信社スプートニクは反マクロン世論を作り出すために嘘のニュースを広めている」と批判している。
RTはこれについて完全否定しているが、米国務長官室は1月の報道で「RTと通信社スプートニクは、国営の宣伝組織として米国選挙の結果に影響を与えようとした」と断言している。

 

同じ欧州内の選挙でRTについての騒ぎがある中、FTデータチームはウィルダース氏のTwitterフォロワーからランダムにピックアップした10万人がRTと通信社スプートニク(@RT_comと@SputnikInt)に関して言及した頻度をオランダ国内上位5位の報道機関を含めて調査した。超党派の政府アカウントであるオランダ首相(@MinPres)をフォローする人からも同等規模のサンプルを抽出し、比較した。

 

その結果、ウィルダース氏のフォロワーはオランダ首相のフォロワーの12倍多くスプートニクについて言及、RTについては約8倍多く言及していた。 注目すべきことにウィルダース氏のフォロワーはオランダの公共放送組織であるオランダ放送協会(@NOS)よりも多くRTについて言及していた。

 

 

Screen Shot 2017-03-29 at 13.20.59

(表3)特定の報道機関についてTwitterで言及した割合 ※画像はFincancial Timesより引用

 

左側:オランダ首相(@MinPres)をフォローする人が特定の報道機関について言及した割合
右側:ウィルダース氏(@geertwilderspvv)をフォローする人が特定の報道機関について言及した割合

 

米大統領選で話題になったSNSのボット機能はオランダでも

 

SNSのボット機能(戦略的にオンライン上での会話に影響を与えるために作成された、自動化されたアカウント)は、民主的プロセスのためのSNSの重要性を研究する人々にとって大きな懸念事項とみなされている。

オックスフォード大学のオックスフォード・インターネット研究所の教授であり、OIIのコンピュータ宣伝プロジェクトの研究者であるフィリップ・ハワード教授は「政治的ボット」の技術と影響について広く伝える1人だ。

 

ハワード教授のチームが2016年の米国選挙前後の政治的ボットの動きについて調査したところ、トランプ支持者の自動化された動きがクリントン支持者を5対1で上回り、「史上最高」に達したことを明らかにしている。

 

OIIプロジェクトチームが使用する数値指標はツイートの頻度で、「その基準値は1日50投稿」とハワード教授。 少なくとも1つのハッシュタグを利用して1日に50回の生身の人間 (政治家であっても )のツイートを見つけることは極めて困難だと言う。

 

FTデータチームは、ウィルダース氏のTwitterフォロワーから1万人をランダムに抽出してネットワーク解析手法を利用してウィルダース氏のフォロワーの基礎構造を調査。お互いにフォローし合っているフォロワーを特定し、ユーザーを異なるコミュニティに分類したところ以下のようになった。

 

 

Screen Shot 2017-03-24 at 15.16.39

(表4) 最も影響力のある最大のコミュニティ ※画像はFincancial Timesより引用

 

(緑)ウィルダース氏周辺の中核  (青)影響力のある主流報道機関 (黄)影響力のあるジャーナリスト (赤)影響力のあるボット的な動きをしているアカウント

 

ウィルダース氏のTwitterネットワークは主に4つに分けられたが、ボットアカウントのせいでいびつに歪んでいる。

@BluegillRisesは1日平均で88回、@dixiefortrumpは156回、@luvofUSAは123回ツイートしており、1日最大で340〜400ツイートを記録している。

人間によるツイートは50回前後がマックスだとする基準値と比較しても、明らかに人間の動きとは思えないようだ。

 

ウィルダース氏のTwitterネットワークの構造は、主流報道をフォローするユーザーと、大量かつ潜在的に自動化されたボットアカウントに繋がるユーザーとは分離されたものであることが明らかになった。

この記事の著者

勝つ!政治家.com編集部
勝つ!政治家.com 編集部

政治家を対象に、インターネット選挙活動による有権者へのアプローチと、政治活動によるWebマーケティングを支援しております。
2013年の参議院選挙より解禁となった、インターネットによる選挙運動(ネット選挙)。ホームページやメール、SNS(ソーシャルネットワーク)や動画などインターネットを利用して有権者へアピールすることが可能となりました。
勝つ!政治家.comでは、候補者のネット選挙を支援すべく、公職選挙法を遵守した中で最大限のマーケティングを提供しております。

この記事を書いた人

勝つ!政治家.com編集部

勝つ!政治家.com 編集部

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

よく読まれている記事

ごめん。すでにデータはありません。

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter