勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > ネット選挙関連ニュース > 【衆院W補選】主要候補のネット選挙対策をチェック

【衆院W補選】主要候補のネット選挙対策をチェック

今回は、それぞれの主要候補が運用するネットツール調べ、ネット選挙対策の状況をチェックしてみました。

 

◆北海道第5区 候補2名

 

自民党北海道連は、故・町村信孝前衆議院議員の次女の夫(娘婿にあたる)で新人の和田義明氏を擁立しました。
そして和田氏の対抗馬、野党統一候補としては、新人の池田真紀氏が出馬。

 

2016-4-13

・写真:Facebookより
・Facebookいいね数はFacebookページ運用の場合
・YouTubeは個人アカウントによる運用に限らず、候補本人が紹介・拡散しているものも掲載しています。

 

◆京都府第3区 候補6名、主要候補は3名

 

自民党が補欠選挙で公認候補を立てない「不戦敗」となる異例の事態も、激戦が予想される京都3区。計6名の立候補が告示されましたが、主要候補は以下3名。
1.民進党から、衆議院議員(比例近畿ブロック)で京都府連会長の泉健太氏。
2.おおさか維新から、本部職員で新人の森夏枝氏。
3.自民・公明の連立与党寄りの日本のこころを大切にする党から、新人の小野由紀子氏。

 

2016-4-13_22-30-30

・写真:Facebookより
・Facebookいいね数はFacebookページ運用の場合
・Facebook友達数はFacebook個人運用の場合
・YouTubeは個人アカウントによる運用に限らず、候補本人が紹介・拡散しているものも掲載しています。

 

■Facebookは全員運用!一方、ホームページを持たない新人候補も。

 

補選に出る候補全体を見てみると、Facebookの活用率は100%、全員運用していることがわかります。

 

意外にも京都3区の女性候補2人がホームページを運用しておらず、Facebookを中心に情報発信をしています。
森候補は2012年、2014年の衆院選で、立候補・落選しており、現在はおおさか維新の会職員。
小野候補は派遣社員経験者として補選に臨むということで、2人とも一般人であることから個人のホームページの運用には追いついていない現状があるのかもしれません。

 

小野候補は、ホームページの代わりとしてブログからの政策や意思の発信が多く見られます。Facebookの更新も行われていますが、長文に渡る訴えはブログを通じて行っているようです。小野候補のFacebookには「突如出馬が決まった。」という投稿も見られるため、立候補が急に決まったため、ホームページ制作が事前に間に合わなかったという状況が想像されますが、無料のブログを活用してホームページと同様、発信の場を設けることを可能にしています。

 20160413

とはいえ、ブログではホームページのように複数ページを作成したり、カテゴリーを分けての表示ができないためかなり頻繁な更新をしない限り、情報量のあるサイトとしては限界があるかもしれません。

 

 

■北海道5区 弔い合戦が想定外の激化?ネット選挙にも違いが!

 

故・町村前衆議院議長の娘婿にあたる和田候補は、’THE政治家のホームページ!’と言いたくなるような完璧なホームページを運用しています。

 

20160413-2

 

義父である町村氏の事務所に平成26年に入った和田候補は、当初から後継として将来の出馬を見据えていたと思われ「準備は万端」という感じでしょうか。
また、さっぽろ自民党のトップページも和田よしあき候補の推し一本。さっぽろ自民党として和田候補の動画を作成、アップがされており党全面で北海道5区、町村氏後任の座の獲得に力を入れています。
自身のホームページ・Facebook・Twitter・さっぽろ自民党によるYouTubeによる動画など、一通りのネット対策は行っている和田候補です。

 

対抗馬の池田真紀候補がジリジリとポイントを伸ばして和田候補を抜きつつあるという事前調査もありますが、池田候補もTwitterを活用しており、2348人のフォロワーを抱え、Facebookページのいいね数も池田候補が和田候補を大幅に上回っています。
また、池田候補のYouTube動画の再生数は、和田候補の約4倍である2万5千回。アニメーションを2部構成にして、わかりやすく出馬を決意するまでの経緯や政策を訴えています。

 

20160413-3

自身をイケマキと称し、親しみやすさもアピール。

 

弔い合戦とされ、当初は和田候補が有利とされた北海道5区の戦いですが、今ではどちらが勝ってもおかしくないと言われています。

 

ネット選挙においては、Facebookいいね数とYouTube再生回数でイケマキが和田候補よりも優勢。「親族の地盤」よりも「ネット選挙」を制したモノが勝ち?!という結果が出るかもしれません。

 

 

■京都3区の主要3候補 民進・おおさか・こころ 新党名での初国政選挙

 

京都3区のネット選挙対策、ダントツ1位は泉健太候補。第47回衆院総選挙で宮崎前衆議院議員に敗れるも比例近畿ブロックで復活しており、政治家としては既に5選を戦ったことのある衆議院議員。
新人と比べれば知名度もあり、ネットの完成度が高いのは当然といえば当然ですが、今回の補選では一通りのSNS全てを運用している唯一の候補です。
冒頭で触れたとおり、新人2人はホームページもない状態での衆議院選出馬となっているため、ネット選挙の点で見ても泉候補発信力が最も高い状態です。

 

今回の衆院選補選は、この主要3候補にとって、各政党名に変わってから初の選挙選なので、まずは新党名の浸透を図りたいところ・・・そこで3候補のFacebookトップページを比較してみました。

 

泉候補 Facebookより

20160413-4

 

森候補 Facebookより

200160413-5

小野候補 Facebookより

200160413-6

 

全員新党名アピールで来るかと思いきや、泉候補だけ所属政党の「民進党」の文字がありません。
新人2名とは違い、党の後押しを受けなくても自力で勝ち抜ける!という自信の表れなのでしょうか。

 

 

■24日(日曜)投開票 ネット選挙の勝者が、実際の選挙も制するか?!

 

今回のネット選挙対策調査では、北海道5区は和田候補と池田候補がほぼ互角でやや池田候補が優勢。京都3区では泉候補が完全無欠のネット対策。

 

果たして獲得票数はネット選挙の活動量・いいね数・フォロワー数と比例するのでしょうか。
各候補の23日までの12日間のネット選挙活動を踏まえた上で、24日の当落結果から検証する予定です。
政治の面からもネット選挙の視点からも、どのような結果が出るのか興味深い選挙となっています。ぜひ、皆さんも衆院補欠選挙の動きに注目してみましょう。

この記事の著者

苅部 学
株式会社ジェイコス 取締役
苅部 学

大手不動産会社の営業を経て1999年Web制作会社へ入社。2005年にWebコンサルティングに特化したJCOSへ参画。取締役就任。業界歴10年の経験を活かし、大手メーカーを中心にWeb戦略をコンサルティングし顧客の業績アップを果たす。
現在は政治家専門のWebコンサルティング事業を展開し、様々な政治家へWeb戦略のアドバイスを行なっている。

この記事を書いた人

苅部 学

苅部 学
株式会社ジェイコス
取締役

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter