勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > 調査データ > 有権者が「開票」に求めるのは速さ?正確性?それともコスト削減?

有権者が「開票」に求めるのは速さ?正確性?それともコスト削減?

開票作業は正確に、そして迅速に行われる必要があります。
そこで、今回は有権者が開票作業に求めることについてグラフ化をしました。

 

候補者、有権者は投票結果を早く知りたいという気持ちがあります。
効率的な開票作業を行い、有権者にいち早く開票結果を知らせるために、各自治体は開票作業の効率化等を図っています。

 

また、開票時間を市町村別にランキングで公表するという試みも行われています。*1
*1:http://www.maniken.jp/opendata/data/2013saninsen_shiku_jikan.pdf
 :http://www.maniken.jp/opendata/data/2013saninsen_choson_jikan.pdf

 

このような、開票作業にかかる作業効率化の一方で、2013年参議院議員通常選挙において、香川県高松市において、不正開票事件も発生しています。
*2 *2:http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/09/0909.html

 

正確性と迅速性が求められる開票作業に有権者はどのようなことを求めているのでしょうか?
この点について大阪市選挙管理委員会が調査しています。*3
*3:http://www.city.osaka.lg.jp/senkyo/page/0000325035.html

 

この調査結果 第3章 開票作業に求める点(Q19)という設問があります。
この設問に対する回答をグラフ化したものが下記になります。

 

20151118-1

 

また、この調査結果を年代別にグラフ化したものが下記になります。

 

 

20151118-2

 

全体グラフ、年代別のグラフ、どちらのグラフを見ても、有権者が開票作業に求めていることは、誤りのない正確な作業が最も多く、次いで無駄を省いた効率的な作業を求めていることがわかります。
また、この選択肢の中では、少しでも早く、有権者に開票結果を伝えることという回答は、正確性、効率性の選択肢よりも低めに出ています。

 

先の、高松市での開票作業における不正の原因の一つとして、迅速な開票作業を求める雰囲気があったとも言われます。

 

開票作業には正確性、迅速性がともに必要ですが、有権者が最も開票作業に求めることは、誤りのない正確な作業であることが、大阪市選挙管理委員会の調査結果からわかります。

 

みなさまのお住いの地域では、正確な開票作業を行うために、どのような取り組みが行われていますでしょうか?

この記事の著者

渡部 秀成
LLCつくばリスクマネジメント 代表社員
渡部秀成

1999年から公的機関、民間企業の大量テキストデータベース整備、検索システム構築、パテントマップ(特許情報)作成等、各国政治家発言、企業経営者発言、株式情報、有価証券報告書等のテキストマイニングに携わる。2011年東日本大震災時にTwitter上に書き込まれた200万件のツイート分析から風評被害対策の仕組みを体系化。
国内外の実験、論文等で明らかになっている、人の心理的・行動特性をベースにした多面的なソーシャルメディア分析を行い、現場で活用できるマニュアルに落としこむ作業まで行なっている。

この記事を書いた人

渡部 秀成

渡部 秀成
LLCつくばリスクマネジメント代表社員

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter