勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > ニュース > 政治や選挙に関する高校生向け副教材の中身は。その2

政治や選挙に関する高校生向け副教材の中身は。その2

前回に引き続き、この副教材で選挙におけるインターネットの活用ついて、新たな有権者となる高校生にどのように指導されるかを見ていきます。

 

政治や選挙に関する高校生向け副教材の中身は。その1

 

■実践編で行われる「模擬請願」という活動では、各自治体の請願書の書式をインターネットを活用して見つけることや、模擬で行う自分たちの請願が既に実行・検討されていないか等をチェックするために自治体のホームページを確認する必要性が記されています。

同じく「模擬議会」という議会における法案成立までの審議過程を体験する活動でも、争点を把握するための整理について、インターネットの活用が勧められています。

「地域課題の見つけ方」を指導する項目では、議会の基礎情報の収集法として、議会が発行する情報誌の利用のほか、インターネットで公開されている議会本会議や各委員会での議事録を調べる方法も紹介されています。インターネットでは特定のキーワード検索を行い、そのキーワードに関する分野でどのような議論が行われているかを知ることが可能であるとし、インターネットが情報収集のツールとして優れている点についても挙げられています。

 

kihon

 

■ 参考編内の投票と選挙運動等についてのQ&Aでは、インターネット上での選挙運動(=インターネット選挙)についても、わかりやすく解説されています。

 

QA13

QA15

 

(まとめ)
初めて政治参加する高校生向けの教材ですので、どの項目もわかりやすい内容であることはもちろんのこと、2年前に解禁になったインターネット選挙や日常政治に携わるための情報収集ツールとしてインターネットの活用も促進されており、時代に即した内容になっています。

 

また、「政治とは」「選挙とは」「有権者とは」について考えさせられる内容ともなっています。
この教材は、これから新たに有権者となる高校生だけではなく、有権者でありながらも選挙に行かなくなってしまった人が改めて投票の意義を考える一助にもなるかもしれません。

 

副教材の中身は、文部科学省のホームページ内からPDFでご覧になれます。
興味のある方は、ぜひご一読下さい。

『文部科学省 政治や選挙等に関する高校生向け副教材』↓
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/shukensha/1362349.htm

 

政治や選挙に関する高校生向け副教材の中身は。その1

この記事の著者

工藤裕一郎
株式会社ジェイコス
工藤 裕一郎

1992年、学生時代から政治に携わる。1998-2002年、国会議員の地元秘書。2003-2011年、地方議会議員(政令市)、ITとWebを ライフワークに議会内外で活動。2012-2014年、国会議員の会館秘書、選挙を含めたネット活動の責任者。2015年より現職。

この記事を書いた人

工藤裕一郎

工藤 裕一郎
株式会社ジェイコス

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter