勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > 調査データ > 候補者の氏名を誤って表示も!【’15統一地方選・選管事務のミス】その2

候補者の氏名を誤って表示も!【’15統一地方選・選管事務のミス】その2

 pixta_7682477_S

 

ネット選挙”管理”のミスも。【’15統一地方選・選管事務のミス】その1

 

4.投票関係 (1)投票用紙の交付誤り
○選挙人(有権者)に対して投票用紙を交付する際誤って2枚交付した。(8件)
○複数の投票が実施される投票所で投票用紙の確認を怠り異なる選挙の投票用紙を誤って交付した。(2件)
○複数の投票が実施される投票所で投票用紙交付時にすでに交付済みと思い一枚交付しなかった。(1件)
○投票用紙交付時に誤って予備の投票入場券を交付した。(1件)

 

(2)本人確認誤り
○投票済者が再度投票所を訪れた際に再び投票用紙を交付し投票させた。(12件)
○転出し選挙権がない者に対して投票用紙を交付し投票させた。(10件)
○同一都道府県内の別市区町村に転出した者が都道府県知事選挙及び都道府県議会議員選挙で投票する際に「引き続き証明書」の提示を求めず投票させた。(4件)
○指定された投票所と異なる投票所を訪れた有権者に投票させた。(3件)
○一度市外に転出し1ヶ月後に再転入したが住所要件を満たしていない有権者に投票させた。(1件)
○「引き続き証明書」を持参したが選挙人(有権者)名簿に登録されていない者に誤って投票させた。(1件)
○他市の投票所入場券及び引き続き証明書を持参した選挙人に誤って投票させた。(1件)
○指定した投票所と異なる投票所を訪れた選挙人に対して選挙人(有権者)名簿での照合前に投票用紙を交付した。(1件)
○本人確認の際に別人と照合して投票させた。(1件)

 

(3)不在者投票の運用誤り
○不在者投票指定施設で投票前の投票用紙を紛失した。(3件)
○不在者投票用紙を受領した指定施設職員が投票用紙を破棄した。(1件)
○不在者投票指定施設で投票前の不在者投票用紙を一時紛失して探すため投票済封筒を開封した。(1件)
○不在者投票指定施設で不在者投票の希望をしていない者に交付した。(1件)
○不在者投票指定施設で選挙人(有権者)名簿に登録されていない者に交付した。(1件)

 

(4)候補者情報掲示の誤り
○期日前投票所で候補者の氏を誤って記載した。(2件)
○期日前投票所で候補者の党派を誤って記載した。(1件)

 

(5)投票所での誘導誤り
○案内不足で市長選挙用投票用紙を市議補欠選挙用投票箱に投函した。(1件)

 

(6)投票所入口の一時閉鎖(1件)
○当初開けていた投票所の正門入口が一時的に施錠されている状態であった。

 

5.開票関係 (1) 投票箱の開票忘れ
○開票作業終了後に未開票の投票箱があることに気がついた。(1件)

 

(2) 開票機器の不具合(1件)
○開票作業時に使用する係数機に不具合が生じた。(1件)

 

(3) 投票箱送致後に事故(1件)
○海上タクシーで投票管理者・投票立会人・事務従事者(行政職員)が開票所へ投票箱を送致した帰路航行中に同船舶で火災が発生した。(1件)

 

6. 速報関係 (1) 投票関係
○不在者投票の計上等を誤って報告した。(6件)
○数え漏れなどの集計誤りにより、投票者数や投票数を誤って報告した。(4件)
○投票所で投票者数を1名少なく報告した。(1件)
○議会選投票結果を報告する際に知事選投票結果を報告した。(1件)
○当日投票者数に期日前投票者数を含めて報告した。(1件)
○エクセルの計算式誤りで速報数値に不要な全市町村分のデータが二重計上されていた。(1件)
○投票状況の報告は投票開始時からの累計数としていたが誤って前回報告時点からを報告していた。(1件)

 

(2) 開票関係
○一定数として束ねていた票束の一部が一定数未満で結束されていた。(6件)
○不在者投票の計上等を誤って報告した。(3件)
○あん分票がある得票数は小数点以下第3位までを表示すべきところ整数止めで表示していた。(1件)
○集計漏れによる不足票があった。(1件)

 

今回問題となった事項・事例件数は計112件に上り、前回(58件)に比べ約2倍も増えた結果となりました。

また、投票用紙の交付誤り、本人確認誤り等、不在者投票の運用誤り等の事例は直接投票結果を左右する問題となります。

来夏には参議院議員選があります。問題点の改善が図られることが期待されます。

 

前回の記事

ネット選挙”管理”のミスも。【’15統一地方選・選管事務のミス】その1

 

===

平成26年12月「第47回衆議院議員総選挙」及び「第23回最高裁判所裁判官国民審査」の例はコチラ
その1
その2

この記事の著者

工藤裕一郎
株式会社ジェイコス
工藤 裕一郎

1992年、学生時代から政治に携わる。1998-2002年、国会議員の地元秘書。2003-2011年、地方議会議員(政令市)、ITとWebを ライフワークに議会内外で活動。2012-2014年、国会議員の会館秘書、選挙を含めたネット活動の責任者。2015年より現職。

この記事を書いた人

工藤裕一郎

工藤 裕一郎
株式会社ジェイコス

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter