勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > 議員の議員による議員のためのブログ術 > 議員ブログ術 第一回: 機会損失は数十万円?!議員がブログをつけるべき3つの理由

議員ブログ術 第一回: 機会損失は数十万円?!議員がブログをつけるべき3つの理由

 

これから数回にわたって、こちらの方で

「議員の議員による議員のためのブログ術」を

連載執筆させていただくことになりました。詳しい経緯は前回記事を。

 

 

議員や政治家志望の方にとってはもちろんのこと、

一般の有権者から見ても面白いシリーズにしていきますので、

最後までどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

さっそくですが皆さん、ブログはつけていますか?

つけている方、頻繁に(週に最低2回くらい)更新されていますか?

もしもあなたが、ブログを熱心にやっていないとすれば…

 

ブログをつけていないことで、年間数十万円の損をしています。

ブログをつけていないことで、数百人の支援者と数百票を逃しています。

ブログをつけていないことで、貴重な時間を何十時間と失っています。

 

ブログやネット発信に熱心でない政治家がする言い訳は、

これとまったく逆ではないでしょうか。

 

「一銭の特にもならない」

「そんなことは票につながらない」

「ブログなんかを書いている時間はない」

 

今日はこれらに一つ一つ反論することで、

議員がブログをつける明白なメリットをお伝えしたいと思います。

 

141114_02

 

1.

ブログをつけないことは、年間数十万円の損!

 

断言します、ブログはおカネになります。

文字通り。

 

私は選挙前に個人献金を約400万円、

議員になってからも年間30~50万のペースで個人献金を集めています。

これらはほぼすべて、ブログ経由で私の存在を知った方々からのものです。

 

ビジネスや恋愛、ファッションなどに比べて政治関連の記事は

ネット上にまだまだ少なく、そのアクセス数もそれほど多くはありませんが、

政治系の記事をチェックする読者は、非常に政治に関心が高い層です。

 

そして彼らの多くは、現状の政治に不満を持ち、

応援する政治家を探し求めています。特に今の若い世代たちは、

ネットを通じて数千~数万円の寄付をすることに抵抗がありません。

 

こうした方々に政治の情報や自分の活動を定期的に届けていれば、

「選挙区は違うけれど、金銭で応援しよう」とする人に、必ず巡り合います。

 

また身近なところでも、ブログで日々の活動を報告していれば、

少なくともその情報が届いている方々に対しては、活動報告レポートなど

紙のチラシを刷って届ける、郵送する手間と必要がなくなります。

 

ご案内の通り、私たちの活動の中でもっともお金がかかるのは

チラシなどの印刷代ですから、これが節約できるのは非常に大きいです。

 

チリも積もれば山となる。

献金と獲得とチラシ代の節約で、

あなたはブログで数十万円の得をすることになるでしょう。

 

2.

ブログをつけないことで、支援者と票が失われる!

 

確かに、日々のブログを見るのは、

あなたの選挙区の有権者ではないかもしれません。

ですが、それをもって「票にならない」というのは短絡的です。

 

私は現在、チラシ配りのボランティアや都政報告会の参加者、

あるいは自分主催の塾の集客をそれほど苦もなく行っています。

 

これはすべて、ブログを中心としたネットで集めたものです。

開催地は東京都ですが、北海道や大阪、高知など文字通り

全国津々浦々から参加者が集まります。

 

ブログを通じて支援者となって下さった人々は、

あなたの元に足を運び、強力な応援団となります。

選挙となればポスター貼りに選挙カーの運転に、八面六臂の活躍をされるでしょう。

 

彼ら自身が一票を持っていなくて、

彼らのこうした活動が何百票もの票を掘り起こすであろうことは、

選挙を勝ち抜いた現職議員の方々であれば想像に難くないと思います。

 

付け加えれば、選挙区外からの支援者には

まったくしがらみがないこともポイントです。

地元の支援者や後援会メンバーから、

 

「うちのコを保育所に入れてくれ」

「今度も応援するから、町内の道路の件を一つヨロシク」

「ポスター貼らせてあげたのに、夏祭りに手ぶらできたの?」

 

そんなことを言われて困ったことが、

皆さまも一度くらいはあるのではないでしょうか。

 

その点、選挙区外からの応援者は志のみで来てくれますし、

変な話ですが、こちらとしても「気兼ねなく」お付き合いすることができます。

 

3.

ブログをつけないと、逆に時間がもったいない!

 

しっかりしたブログを書こうと思うと、

確かに30分くらいは時間がかかります。

 

一見すると文章を書く時間が惜しい気持ちはわかりますが、

この時間は後にしっかりと回収できます。

 

なぜならば、みなさんには必ず、文章を書く時があるからです。

そう、議会や委員会での「質問原稿作り」ですね。

議員として、この仕事からは誰も逃れられません。

 

頭の中身を質問原稿に具現化するのには、

皆さんなかなか苦労されることが多いと思います。

 

しかしながら、普段から考えていることや

勉強会・視察の内容をしっかりとブログで文章化しておけば、

この質問づくりの時間を大幅に短縮することができます

 

受験勉強などで経験がある方が多いと思うのですが、

一度書いて覚えたこと、文書化したことに対しては思考がまとまっているので、

次に同じテーマに直面したときにスラスラとアウトプットができます。

 

ブログを書くことを単なる時間的負担と思わず、

質問原稿作りの下準備と捉えれば、お金や支援者獲得にもつながる、

一石二鳥の作業であることに気づかれるはずです。

 

 

本稿の最後にお伝えしたいことは、

ブログは「農業のようなもの」だということです。

 

ブログはおカネになり、支援者になり、時間になります。

しかしそれは、始めたすぐその日からそうなるものではありません。

 

土を耕し、タネを撒き、水をやって育てていく。

そうして初めて花開き、収穫の季節を迎えるのです。

 

そう聞くと気の長い作業のように思えますが、

実はブログという土壌は、一度耕してしまえば、

二期作・二毛作の収穫が容易に行えるようになります

 

昔にあなたが撒いたタネ(ブログ記事)はいつまでも残り、

勝手に花を咲かせ、読者=支援者を呼び込み続けるのです。

 

「そんなこと言われたって、農業…

いやブログなんて、どう書けばいいかわかりませんよ!」

 

大丈夫です、そのための本連載なのです。

次回から議員・政治家の立場からみた実践的な

ブログのネタの見つけ方、具体的な書き方をお伝えしていきます。

 

時代は確実に変化しています。

まだまだブログ・ネットに熱心な地方議員は多くありませんが、

ネットを通じて政治の情報を知りたいと思っている人々はたくさんいます。

 

そうした方々に、それぞれの地域の政治活動を

しっかりと伝えていけるよう、ブログ発信を頑張っていきましょう!

 

次からはいよいよ、具体的なノウハウに入っていきます。

それでは、また次回。

この記事の著者

おときた駿
東京都議会議員(北区選出)
おときた駿

1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員一期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、地方議員トップブロガーとして活動中。
おときた駿公式ブログはこちらhttp://otokitashun.com/blog/

この記事を書いた人

おときた駿

おときた 駿
東京都議会議員
(北区選出)

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter