勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > ニュース > ネット上は議員の奇行や不祥事を伝える記事であふれている

ネット上は議員の奇行や不祥事を伝える記事であふれている

 

 

■地方議員の言動物議 セクハラやじ/号泣会見/タクシー蹴り 資質低下の指摘も
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/549565.html
(2014/7/6  どうしんウェブ)

 

インターネットに限らず、メディアは話題になりそうな部分だけを切り取って流しがちなのでこれが全てではないと思いますが、このところ政治家への注目の集まり方はとても印象の悪いものが多い気がします。

 

 

■号泣議員 海外に波紋
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/news/post_69906
(2014/7/3 テレビ東京)

 

もともとの記者会見の要因となった政務活動費の問題よりも「号泣」が話題になった野々村竜太郎議員の件は、TwitterなどSNSで動画が拡散されたり、海外のマスメディアも「奇行」として伝えるなど、都議会「セクハラ野次」に続き日本の政治家がおかしな面で注目を集めてしまっています。

 

■塩村あやか議員、過去の「ギリギリ発言」が次々と発掘される
http://www.yukawanet.com/archives/4701129.html
(2014/6/29 秒刊SUNDAY)

 

 

■塩村文夏都議の悪行続出?過去の性的侮蔑行為や恋人からの高額慰謝料、選挙違反疑惑も
http://biz-journal.jp/2014/07/post_5295.html
(2014/7/3 Business Journal)

 

またネット上での取り上げられ方や広まり方は特徴的で、当初セクハラ野次の被害者であったはずの塩村議員は、注目を集めたことからSNSなどの過去の発言を探られることになり、自らも謝罪をする形になったり、ネット社会ならではともいえる対応に迫られているようです。

 

「緊張感が低い」という指摘が上記Business Journalの記事中にも出てきますが、それが今の日本の多くの政治家を表してしまっている言葉なのかも知れません。

 

野次問題で批判を浴びた自民党では「綱紀粛正」が叫ばれているようですが、党派関係なく引き締めなればいけないと思いますし、こういう形での政治不信の助長は避けていただきたいと切に願います。

この記事の著者

苅部 学
株式会社ジェイコス 取締役
苅部 学

大手不動産会社の営業を経て1999年Web制作会社へ入社。2005年にWebコンサルティングに特化したJCOSへ参画。取締役就任。業界歴10年の経験を活かし、大手メーカーを中心にWeb戦略をコンサルティングし顧客の業績アップを果たす。
現在は政治家専門のWebコンサルティング事業を展開し、様々な政治家へWeb戦略のアドバイスを行なっている。

この記事を書いた人

苅部 学

苅部 学
株式会社ジェイコス
取締役

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter