勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > ニュース > 繰り返される政治家による不適切なTwitter書き込み

繰り返される政治家による不適切なTwitter書き込み

 

最近もいくつかの報道がありましたので取り上げてみます。

 

■ツイッターに不適切書き込み 公募の淀川区長減給
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/131116/20131116033.html
(2013年11月16日 大阪日日新聞)

 

政治家自身が自分の名前を出しているアカウントで発言をした場合がこののケースになると思います。

 

自分の名前を出して発言することで自分の政策的なことや政治的思想を広くPRできるのがメリットである半面、問題であると指摘された場合に大きく信用を損なう危険性もあるというのがデメリットと言えるのかもしれません。

 

とは言え、自分の意思を明確にして、何か問題を起こした際には自分で責任を取るという行動は、政治家としてというよりは大人として当たり前で一般的な活動の方法だと思います。

 

 

また次の話題はアメリカの政府高官の発言だそうです。

 

■米政府高官、なぜツイッター暴言で免職? つぶやいた内容とは
http://newsphere.jp/world-report/20131024-4/
(2013年10月24日 NewSphere)

 

Twitterの特徴である匿名性を利用して、自分が誰かを明確にしないまま発言を行って問題になったケースです。

 

過去の発言内容を辿れば、いくら匿名のツールとは言えど発言者の特定が可能と言うことは日本の2ちゃんねるユーザーなどが証明もしていますし、この記事の場合はホワイトハウスなどアメリカ国務省など国家機関が絡んでますのですぐに発覚したのでしょう。

 

匿名性に油断をして発言を繰り返すケースもあれば、意図的に行うケースもあるでしょうが、ネット社会での発言は時に思いもよらぬ結果(主に悪い方に)を生むこともあります。

 

しっかりと考えたつもりの文章でも、特に文字数に制限のあるTwitterでは誤解を招いてしまうこともあるくらいです。

 

あまりに慎重になりすぎるのも考えものですし、政治家としての信念を捨てては元も子もないのでしょうが、やって良いことと悪いことの区別の付かない子供と皆さんは違います。

 

 

投稿前に落ち着いて読み返すなどのワンクッションを入れ、あまりに軽はずみな言動や行動は控えたほうが無難なのではないでしょうか。

 

 

この記事の著者

苅部 学
株式会社ジェイコス 取締役
苅部 学

大手不動産会社の営業を経て1999年Web制作会社へ入社。2005年にWebコンサルティングに特化したJCOSへ参画。取締役就任。業界歴10年の経験を活かし、大手メーカーを中心にWeb戦略をコンサルティングし顧客の業績アップを果たす。
現在は政治家専門のWebコンサルティング事業を展開し、様々な政治家へWeb戦略のアドバイスを行なっている。

この記事を書いた人

苅部 学

苅部 学
株式会社ジェイコス
取締役

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter