勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > ネット選挙関連ニュース > 待たれる政治家側のネット選挙運動環境の充実

待たれる政治家側のネット選挙運動環境の充実

 

ネット選挙、全議員講習 南丹市会・来年2月市議選から適用
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20131004000032
(2013年10月4日 京都新聞)

 

今回記事になっている京都府南丹市では次の市議会議員選挙が14年2月に行われると言うことで、おおよそ4ヶ月くらい前と言うことになります。

 

この時点でブログやホームページで活動報告などをしている議員がかなり少ないと言うことは、かなり残念な状況だなぁと感じます。

 

恐らくこの夏の参議院選挙に何らかの形で関わった方も多いはずで、ネット選挙運動の解禁の瞬間を間近で見ることができたはずです。それまでは他人事であったことは仕方がないにしても、選挙後にすぐ何らかのアクションを起こして欲しかったなぁと思いました。

 

今となっては遅いですが、8月の頭から動き出していれば選挙までおよそ7ヶ月。
「どんなに遅くとも選挙の半年前には動き出しを!」と私たちが普段推奨している期間も確保できたはずです。

 

もちろん今回の記事にあった京都府南丹市議会だけではなく、まだまだ多くの政治家の方がインターネットを使った政治活動を、自ら発信、報告などをする準備が十分ではないと思います。

 

昨年末の安倍首相の発言を受け、今年の春先から夏の参議院選挙での選挙期間中のネット選挙運動解禁を!という話が国会で持ち上がっていたにもかかわらず、未だに何も準備をしない政治家が多いということは、「選挙期間中もネットを使って活動報告やアピールができるようになった」というよりも、「面倒くさいことをやらなければいけなくなった」という意識を持つ政治家がまだまだ多いのではないかと言う印象を感じざるを得ません。

 

何度もこの場で申し上げているように、今後はネットを使っての活動は当たり前のこととなります。やることが増えて「ピンチ」ではなく、今まで届けられなかった人に情報を届けることが出来る「チャンス」です。

 

準備には早すぎることはありません。
少しでも早く皆さんのネット選挙運動を解禁してください。

 

この記事の著者

苅部 学
株式会社ジェイコス 取締役
苅部 学

大手不動産会社の営業を経て1999年Web制作会社へ入社。2005年にWebコンサルティングに特化したJCOSへ参画。取締役就任。業界歴10年の経験を活かし、大手メーカーを中心にWeb戦略をコンサルティングし顧客の業績アップを果たす。
現在は政治家専門のWebコンサルティング事業を展開し、様々な政治家へWeb戦略のアドバイスを行なっている。

この記事を書いた人

苅部 学

苅部 学
株式会社ジェイコス
取締役

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter