勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > 調査データ > 2013参院選での上位得票者のネット選挙運動について(Twitter編)

2013参院選での上位得票者のネット選挙運動について(Twitter編)

 

 

今回は一都三県(東京神奈川千葉埼玉)の上位得票者を調査したデータから、選挙期間中に発信されたTwitterのツイート数、他のユーザーにリツイートされた回数、ユーザーから呼びかけられた回数(リプライ)、そしてリプライへの返信数のTOP5を紹介します。

 

 

【ツイート回数:TOP5】
1位:489回:畑野君枝さん(共産党:神奈川県選挙区)
2位:432回:露木順一さん(みどりの党:神奈川県選挙区)
3位:375回:鈴木寛さん(民主党:東京都選挙区)
4位:367回:伊藤岳さん(共産党:埼玉県選挙区)
5位:302回:小倉淳さん(日本維新の会:東京都選挙区)

※選挙期間中(2013/7/4~20)にツイートされた回数(弊社調べ):調査日8/4

 

Twitterに限らず様々なツールがあります。さらに選挙期間中は特に対応できる時間やリソースに限りがありますので、どのツールに比重を置くかと言うことで数値は変わってくると思いますが、上位の方々はかなりの投稿数がありました。
(投稿数1位の畑野さんで約28投稿/日です)

 

必ずしも多ければいいというものではありませんが、これまでの選挙では出来なかったタイムリーな情報発信ツールとしてTwitterは使われていたことがうかがえます。

 

 

 

【他のユーザーにリツイートされた回数:TOP5】
1位:15,009回:山本太郎さん(無所属:東京都選挙区)
2位:11,003回:吉良佳子さん(共産党:東京都選挙区)
3位:5,003回:畑野君枝さん(共産党:神奈川県選挙区)
4位:3,733回:鈴木寛さん(民主党:東京都選挙区)
5位:3,470回:伊藤岳さん(共産党:埼玉県選挙区)

※選挙期間中(2013/7/4~20)に他のユーザーにリツイートされた回数(弊社調べ):調査日8/4

 

次に他のユーザーにリツイートされた回数のランキングです。

 

平たく言えば、候補者から情報を受け取った有権者や支援者が、自分のつながりのある方々へ情報を拡散した回数です。

 

TwitterをはじめとしたいわゆるSNSの魅力は、直接つながりのない方にも自分の発信した情報が届く可能性があること、場合によっては爆発的に広がることもあることです。

 

ただ、良いことも悪いことも同様なので注意は必要です。
少し前に何件も続いたのでご存知の方も多いと思いますが、コンビニやレストランの冷蔵庫などで悪ふざけをしている写真を投稿して店舗が閉鎖したり損害賠償の裁判を起こされたり大きな問題になりました。
(Twitterがどうというよりも、そもそもやっていいこと悪いことの判断の問題なのですが)

 

自分だけで情報を広めるには限界もありますので、いかに広めてもらえるような内容にするか、協力者を作る努力をするか、など色々と準備が必要となる部分です。

 

 

【他のユーザーから呼びかけられた(リプライされた)回数:TOP5】
1位:357回:吉良佳子さん(共産党:東京都選挙区)
2位:325回:山本太郎さん(無所属:東京都選挙区)
3位:294回:伊藤岳さん(共産党:埼玉県選挙区)
4位:254回:鈴木寛さん(民主党:東京都選挙区)
5位:205回:小倉淳さん(日本維新の会:東京都選挙区)

※選挙期間中(2013/7/4~20)に他のユーザーから呼びかけられた(リプライされた)回数(弊社調べ):調査日8/4

 

 

【リプライへの返信回数:TOP5】
1位:194回:伊藤岳さん(共産党:埼玉県選挙区)
2位:96回:吉良佳子さん(共産党:東京都選挙区)
3位:72回:畑野君枝さん(共産党:神奈川県選挙区)
4位:46回:露木順一さん(みどりの党:神奈川県選挙区)
5位:33回:小倉淳さん(日本維新の会:東京都選挙区)

※選挙期間中(2013/7/4~20)のリプライ返信回数(弊社調べ):調査日8/4

 

 

上の二つのランキングはTwitterだけでなく、SNS全般で重要な「コミュニケーション」の部分です。

 

自分からの一方的な発信として使うか、SNS本来の利用方法ともいえる双方向でのコミュニケーションツールとして使うか、と言うところでこのランキングの数値は異なってくるかと思います。

 

呼びかけられる内容で多いのは「応援してます!」「頑張れ!」などの応援が多いほか、より詳細な政策についての質問、意見なども含まれていました。

 

上のランキングから見える例を挙げますと「リプライされた回数」3位の伊藤岳さんは294回呼びかけられ、194回返信をしていて「リプライへの返信回数」では1位になっています。

 

逆に、「リプライされた回数」2位の山本太郎さんは325回呼びかけられていますが、「リプライへの返信回数」ではランク外、返信回数としては1回でした。

 

特に選挙期間中は返信をする時間もなかなかないため、正直難しい部分もあります。
方針として発信に特化する使い方も仕方ないと理解できます。

 

だからと言って「返信はスルーが前提」と言うのも折角のコミュニケーションツールのメリットを自ら捨てるものなので、そのバランスを取ることが大切だと思います。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

私たち勝つ!政治家.comも皆さんのネット活動のお力になれるように、様々な取り組みを通じて情報や経験を蓄えるべく頑張ってまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

この記事の著者

苅部 学
株式会社ジェイコス 取締役
苅部 学

大手不動産会社の営業を経て1999年Web制作会社へ入社。2005年にWebコンサルティングに特化したJCOSへ参画。取締役就任。業界歴10年の経験を活かし、大手メーカーを中心にWeb戦略をコンサルティングし顧客の業績アップを果たす。
現在は政治家専門のWebコンサルティング事業を展開し、様々な政治家へWeb戦略のアドバイスを行なっている。

この記事を書いた人

苅部 学

苅部 学
株式会社ジェイコス
取締役

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter