勝つ!政治家.com
お問い合わせフォーム
ホーム > コラム一覧 > ネット選挙関連ニュース > ネット選挙の解禁と、インターネット活動の取り組みの差

ネット選挙の解禁と、インターネット活動の取り組みの差

これまで「面倒くさい、よく分からない」などといった理由で後回しにしたり、インターネット活動を軽視してきたであろう方々の中には、ネット選挙解禁でどうかわるという以前に、ホームページ自体を整えるところから始めなければならない方も見受けられます。

かたやFacebookをはじめとしたSNSを使いこなし、積極的にネットを活用している政治家もおり、これまでのインターネットへの取り組み姿勢によって、参加者の理解度には大きな差があるようです。

ネット選挙解禁の見通し 自民党、参院選候補者対象に研修会
(FNN 2013/3/17)

ネット選挙の相談窓口設置へ 民主、研修会も「さっぱり分からなかった」
(msn産経ニュース 2013/3/14)

 

ネット選挙解禁を安倍総理が口にし始めるよりも数年早く、いつネット選挙が解禁してもいいように取り組んできた私ども勝つ!政治家.comは

「近い将来必ずネット選挙は解禁します。やらなきゃいけなくなってから慌てて行うのでは遅いです!早くから準備しておかなければ間違いなく大変なことになります!」

 

と以前から警鐘を鳴らしてきたのですが、このような記事を目にすると、それが現実となった感があります。

ネット選挙の解禁によって有権者による投票行動にどう結びつくかと言うところは現時点では未知数ですが、マスコミ各社の連日の報道もあるため、この夏の参議院選挙では注目度が違うでしょう。

 

選挙に向けネットの環境をきちっと整えてきた候補者と、そうではない候補者とでは、これまで行われて来た選挙よりも大きな差が出てくることは言うまでもありませんし、より身近に情報を収集できるようになる有権者からすれば、ネット上での印象だけで判断する要素になってもおかしくありません。

法案が成立してから準備を始めよう!では到底間に合いません。
一日も早く戦える環境と仕組みを作り上げ、動き出す必要があると私どもは考えます。

分からないものを分からないままで置いておいていいはずがありません。そろそろ腰を上げませんか?

 

この記事の著者

苅部 学
株式会社ジェイコス 取締役
苅部 学

大手不動産会社の営業を経て1999年Web制作会社へ入社。2005年にWebコンサルティングに特化したJCOSへ参画。取締役就任。業界歴10年の経験を活かし、大手メーカーを中心にWeb戦略をコンサルティングし顧客の業績アップを果たす。
現在は政治家専門のWebコンサルティング事業を展開し、様々な政治家へWeb戦略のアドバイスを行なっている。

この記事を書いた人

苅部 学

苅部 学
株式会社ジェイコス
取締役

>>記事一覧を見る

この記事をシェア

  • Facebookでシェア

コラム著者一覧

実績・事例が知りたい

100人を超える戦績(2015年12月末時点)

参議院選挙、衆議院選挙
東京都知事選挙、県知事選挙、
市長選挙、県議会議員選挙、
市議会議員選挙ほか、各種選挙。

どんなサービスを提供しているの?

継続プラン

政治活動をサポートする

継続プラン

選べる4タイプ!

ネット選挙特別プラン

直前の選挙に備える

ネット選挙特別プラン

首長選挙プラン

お得なパッケージ

首長選挙プラン

株式会社ジェイコス「勝つ!政治家.com事業部」TEL 03-5212-4377
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-7-9 センダビル4F 担当:苅部(かりべ)まで

  • facebook
  • twitter